富山地方鉄道の新駅「栄町駅」

2019年3月16日(土)に富山地方鉄道 不二越・上滝線に新駅「栄町(県立中央病院口)駅」(駅番号 T58)が開業します。稲荷町駅〜不二越駅の間にあり、周辺には地鉄バスの栄町バス停やまいどはやバスの栄町二丁目バス停があります。シェアサイクルのステーションは少し遠いです。周辺の交通を地図に表してみました。

栄町バス停から富山駅前方面のバスはウェブサイト上では[94]北代循環と案内がありますが、実際に栄町バス停で待ってたら[9]石坂循環と表示されたバスが来ました。北代と石坂を経由して循環するバスで、先に石坂を回るのでそう表示されているのだと思いますが、ウェブサイト上と違うので、地図には一応両方書いておきました。

駅はシンプルで、踏切のそばにスロープのアプローチが、ホームの反対側は階段があります。

すぐそばの栄町バス停です。バス停は中央病院方面にしかないので、富山駅前方面に行く場合は道路の反対側で待ちます。

あいの風とやま鉄道富山駅高架切り替え代行バス

2019年3月3日(日)深夜のあいの風とやま鉄道 富山駅 下り線の高架切り替え工事に伴う代行バスに乗りました。

今日の日中は高岡におり、帰りが深夜になりました。高岡駅には22:30ごろについたので、通常なら22:40発の泊行きに乗り富山駅まで帰れるところですが、今日の深夜は富山駅の下り線の高架切り替え工事があり、この列車は小杉止まりになり小杉から代行バスとなります。

高岡駅の案内表示は小杉行きとなっていました。

列車の行き先表示は「小杉」のデータが用意されていないようで、何も表示されていませんでした。

小杉駅には2番のりばに着き、北口改札を抜けてロータリーから代行バスに乗りました。地鉄バスの車両でした。

車内は20人弱の乗車で、途中呉羽駅のロータリーで数名降り、富山駅には23:30ごろ到着。富山駅では加越能バスの車両で金沢行きが発車するところでした。

あいの風とやま鉄道 富山駅 の融雪装置

あいの風とやま鉄道 富山駅 下り線の高架化工事中の部分の融雪装置がもう稼働していました。

あいの風とやま鉄道 富山駅 下り線高架化工事中の箇所の融雪装置

北陸では、降雪時に鉄道のポイント部分の雪を融雪装置で融かして、ポイントが切り替わらなくならないようにします。

石動駅の新しい橋上駅舎

2018年11月27日に使用開始した、あいの風とやま鉄道 石動(いするぎ)駅 の新しい橋上駅舎を使用開始当日に見てきた様子です。

北口は、今までの旧駅舎には入れなくなり、新しい橋上駅舎が完成していました。

2階の改札口の様子です。

新たに駅の南側からも出入りできるようになり、小矢部市営バスの津沢線・正得線・蟹谷線の一部の便(朝夕の便)が駅南口に乗り入れるようになりました。タクシーも乗り入れています。

加越能バスの加越線庄川町方面は駅南口には乗り入れず駅北口発着のままで、既存の石動駅南バス停は既存の通り沿いにあり、駅南口から徒歩4分ほどかかります。

カフェやベンチなども充実しています。

駅南口には駅が見える展望台もあります。

あいの風とやま鉄道 富山駅 下り線高架化工事

富山駅のあいの風とやま鉄道の上り線とJR高山線はすでに高架化されていますが、続いてあいの風とやま鉄道の下り線の高架化工事が2019年3月の完成に向けて進められています。本日1月9日の時点で下の写真のように、最後の仕上げの段階のようです。

あいの風とやま鉄道 富山駅 下り線(4〜5番のりば)の高架化工事の状況
あいの風とやま鉄道 富山駅 下り線(4〜5番のりば)の東富山側の高架化工事の状況

あいの風とやま鉄道による富山駅高架化完成見学会も募集されています。完成が今から楽しみですね。

新高岡駅そばの 城端線 京田踏切アンダーパス化工事

新高岡駅のすぐ北側にある、城端線の京田踏切をアンダーパス化する工事が行われています。昨日の時点で、下の写真のような感じでした。

最終的に、車道が4車線のアンダーパスになるそうで、自動車はいいとして、いくつか気になる点があります。

  • 自転車は自動車と同じ車道を走ることになるのか、それとも、歩道がスロープになって歩道を走ることになるのか、それとも、近隣の城端線やあいの風とやま鉄道を越える高架道路みたいに「自転車通行止め」の看板が設置されるのか
  • 歩行者は階段を上り下りするのか、それともエレベーターが設置されるのか
  • エレベーターが設置されないとしたら、車椅子など階段の通行が困難な場合はどうするのか

新高岡駅は高岡市の新しい核となるエリアだと思うので、このエリアに賑わいが生まれるといいなあ。