台湾の公共交通4〜高雄ライトレール〜

前の記事:台湾の公共交通3〜台湾の新幹線「高鐵」〜
次の記事:台湾の公共交通5〜バス〜

台湾の高雄市の旧倉庫街をリノベーションして芸術特区にした「駁二芸術特区」、とてもすてきな観光地です。とりわけ、その中を走る「高雄ライトレール」は、電車が近づくたびに人々はカメラを向ける、ただの移動手段を超えてランドマーク的な役割も果たしていました。

高雄ライトレールとは

最近世界ではライトレール(LRT)が数多くできていますが、台湾にも台北市の近く、新北市淡水区の淡海ライトレールと高雄市の高雄ライトレールの2つが最近できました。今回は、高雄ライトレール(高雄捷運環狀輕軌)に乗ってきました。名前のとおり最終的に環状線になる予定ですが、今のところ海沿いの一部区間のみ開通しています。

MRTでライトレールの駅へ

台湾の新幹線「高鐵」の終点の左營駅から高雄MRT紅線に乗り、凱旋駅で降ります。ライトレール「前鎮之星」駅の案内がありました。

高雄ライトレール前鎮之星駅

MRTの駅を出ると、目の前がライトレールの停留所です。

高雄ライトレール「前鎮之星」駅

高雄ライトレールの運賃支払い

ICカードで運賃を支払う場合、乗車前に停留所に設置されているカードリーダーにICカードをタッチするか、乗車時に車内のカードリーダーにICカードをタッチします。

高雄ライトレールの車内

MRTとの接続駅からたくさんの人が乗りましたが、車内は広く、ゆったりと乗車できます。

旧倉庫街を走る高雄ライトレール

芸術特区の旧倉庫街を走る高雄ライトレールです。アートに囲まれた中を走り、ライトレール自身も架線レス・芝生軌道でとても美しいです。電車が通るたびにカメラを向けてる人が多かったです。

高雄ライトレールの電停

高雄ライトレールは電停の部分にのみ架線があり、電停に停車中にバッテリーに充電します。

鉄道跡地の広場

鉄道の跡地が当時の様子を生かしたアート空間になっています。

まとめ

高雄ライトレールは、ライトレール自身が芸術特区のアート空間に溶け込んでいて、移動手段として便利なことはもちろんのこと、街の景観にも大きな役割を果たしていて、歩いて楽しくなる街でした。これは地下鉄等では成し得ないことだと思いました。

前の記事:台湾の公共交通3〜台湾の新幹線「高鐵」〜
次の記事:台湾の公共交通5〜バス〜

台湾の公共交通3〜台湾の新幹線「高鐵」〜

前の記事:台湾の公共交通2〜電車とバスで九份へ〜
次の記事:台湾の公共交通4〜高雄ライトレール〜

今回の台湾旅行では、台湾版新幹線と言える高速鉄道「高鐵」(HSR, High Speed Rail)を利用して高雄(カオション、Kaohsiung)まで日帰りで行ってきました。そのときの様子をご紹介します。

高鐵は、台北市内の南港(Nangang)駅を始発駅として、台北駅や板橋駅を経由して高雄市の左營(Zuoying)駅まで開通しています。高雄市内の高雄駅までの延伸計画もあるようですが、今のところは左營駅が終点です。日本で言えば、東京都内で上野駅始発の東京駅・品川駅経由の新大阪駅終点みたいな運行イメージですね。今回は台北駅から左營駅まで往復しました。

台北駅では台鐵の隣の高鐵の専用改札口を入ります。台鐵は国営の台灣鐵路管理局が運営していますが、高鐵は民間の運営です。

高鐵台北駅

ホームに降りると、発車案内があります。台湾は南北に長いので、鉄道や高速道路の方面案内に「南行き(南下、Southbound)」「北行き(北上、Northbound)」という案内がよく見られました。シンプルで分かりやすいですね。今回は当然南行きに乗ります。11:31発の途中、板橋(Banqiao)と台中(Taichung)にのみ停車する速達列車で、台北〜左營間1時間34分です。

高鐵の車内

高鐵の車内です。日本の東海道新幹線の車両がベースなので、見慣れていますが、ところどころ違いがあります。特に、緊急脱出用のハンマーが目立っていました。

駅弁

台湾では鉄道旅の醍醐味、駅弁が有名です。台北駅で買い込んだ「台鐵弁当(台鐵便當)」をさっそくいただきます。排骨便當と言って、骨つき肉がメインで、横に味付き煮卵と高菜などの野菜が載っています。台湾の駅弁はとても温かい状態で売られているので、おいしくいただきました。

車内販売

高鐵には車内販売がありました。こちらでも駅弁を買えるようです。飲み物やお菓子も充実していて、私は温かいコーヒーをいただきました。

高雄の左營駅

台北駅から1時間34分とあっという間に高雄の左營駅に到着です。空港のターミナルのような広々とした駅です。ここから高雄市内各地へは、高雄MRTの紅線に乗り換えです。

高鐵3日パス

今回は外国人向けの高鐵に3日間乗り放題の「高鐵3日パス」を利用しました。事前に日本からいくつかのネットサイトで購入できます。私はkkdayで購入しておきました。2200元(日本円で8000円前後)ととてもお買い得です。ただし、こちらは事前に座席予約ができず、台湾についてから下の写真にあるような紙の冊子のチケットに窓口で引き換えます。今回は行きは指定席を予約できましたが、帰りは日曜の夜とあって予約でいっぱいで、自由席で帰ってきました。混雑する列車で確実に座席を抑えたい場合は通常のチケットをネットで予約したほうがいいかもしれません。

下の写真の2枚目は日曜の夜の左營駅のホームですが、速達列車を1本見送って、20分後の次の速達列車の自由席の列に並びました。高鐵に限らず台湾の方はとてもしっかりと整列乗車をしていて、列が長くなりすぎないように列の途中で反対方向に列を折り返して二重・三重に列を形成して整然と乗車していました。私は最初、列の折り返しに気づかずに、うっかり列の途中に並んでしまっていたのですが、近くの方が列の最後尾を教えてくれて、すぐに並び直すことができました。最終的に立ち客もたくさんいたので、後から気づいて並び直していたら座れなかったかもしれません。台湾の方は本当にマナーが良くて親切です。

前の記事:台湾の公共交通2〜電車とバスで九份へ〜
次の記事:台湾の公共交通4〜高雄ライトレール〜

台湾の公共交通2〜電車とバスで九份へ〜

前の記事:台湾の公共交通1〜台湾に到着〜
次の記事:台湾の公共交通3〜台湾の新幹線「高鐵」〜

5月3日(金)の午後、電車とバスを乗り継いで日本人に人気の観光地、九份へ行ってきました。九份は週末は大混雑とのことだったので金曜日に行ったのですが、日本の10連休の影響かこの日も大混雑で、バスに乗るのも苦労しました。

台北から九份への行き方

台北から九份(ジオフェン)へ行くには、いくつか選択肢があります。

  • 台北市内から九份老街へ直行する高速道路経由の快速バスに乗る
  • 台北市内から九份老街までタクシーで直行する
  • 台北駅などから台鐵(台湾の在来線鉄道)で瑞芳(ルイファン)駅まで行き、そこから九份老街までバスに乗る
  • 台北駅などから台鐵(台湾の在来線鉄道)で瑞芳(ルイファン)駅まで行き、そこから九份老街までタクシーに乗る
  • 台北市内発の日帰りツアーに参加する

今回は、とりあえず行きは台鐵で瑞芳駅まで行き、そこからバスに乗りました。帰りは直行の快速バスに乗ろうかと思いましたが、大混雑のため紆余曲折(後述)があり、最終的に帰りも同じルートで帰ってくることになりました。

台鐵で瑞芳駅へ

日本のJR在来線に相当する台湾の鉄道は「台鐵」と呼ばれ、国営の台湾鉄路管理局(TRA)が運行しています。台北市内にはいくつか駅がありますが、今回は台北駅から乗車しました。

今回は座席指定不要の普通列車(區間車)に乗るので、特に紙のきっぷ等は買わずに交通系ICカード「悠遊卡」を台鐵の自動改札にタッチして地下ホームに行きます。台湾は情報案内がとても充実していて、迷わずホームに行けます。定刻どおり運行しているかも中国語と英語で表示されているので、とても安心です。所要時間案内もありました。

なお、台湾ではホームののりば(月台)の番号のつけ方が日本と少し違います。日本では1つの島型のホームの両サイドののりばをそれぞれ「1番のりば」「2番のりば」という風に番号が付いていますが、台湾の場合は島型のホーム1つに対して「1」と番号が付いていて、両側ののりばに対してはアルファベットのAとBで区別して、「1A 月台」「1B 月台」というふうに表記します。

8両編成の普通列車(區間車)が来ました。先頭は日本の特急のような流線型をしていました。先頭車両には自転車を乗せるスペースも4台分ありました。14:52に出る電車は空いていて、瑞芳駅までの約50分間、ゆったりと乗れました。

約50分で瑞芳(ルイファン)駅に到着しました。このあたりは炭鉱が多いようです。

瑞芳駅からバスで九份老街へ

瑞芳駅の改札を抜けると、すぐにバスの発車案内のディスプレイがありました。バス停まで少し距離があるのですが、日本と違ってちゃんと電車からの乗り換えの導線に案内があるので安心ですね。瑞芳駅周辺を少し散策してからバス停に向かいましたが、途中にも看板がありました。そしてバス停に着くと、長蛇の列…

結局3本ほどバスを見送ってから乗車できました。この間も、バス停には発車案内があり、安心して次のバスを待てます。瑞芳駅から九份老街まではローカルバスと台北市内からの快速バスの両方があり、私の乗ったバスは台北市内からの快速バスでした。瑞芳駅から九份老街までは高速道路を通らないので、立ち席で乗れました。長距離を走るバスのため、乗車時と下車時の2回ICカードをタッチして乗車区間に応じた料金を精算する方式でした。

九份老街の手前で少し渋滞しましたが、無事到着しました。到着後は夕暮れどきの九份を散策しましたが、暗くなるころが一番人気の時間帯のため、途中30分ほど身動きが取れないほどの中を歩きました。

九份老街から瑞芳駅へ

九份ではゆっくり夕食を食べ、20時台に台北に帰ることにしました。遅くなったので、台北市内へ直行するバスに乗ろうと思ったのですが、バス停に行くと長蛇の列でした…

とてもバスに乗れる状況ではないと思い、タクシーで瑞芳駅まで行くことに計画変更。しかしここでまた問題発生。空車のタクシーはいるのですが、どのタクシーも近隣の瑞芳駅までの客は乗車拒否。長距離の台北市内まで行く客しか相手にしていないようでした。バス停から離れたところにいた普通のタクシーは、台北市内までの定額料金を提示して、バス停付近には7人乗りの大きなタクシーが、1人あたり250元〜350元程度の料金を提示して客を集めてました。1台に6人客を乗せたとしたら1人250元でもメーター料金程度の収入になるのかもしれません。250元が底値のようで、この値段で客が集まらなかったらあきらめていたようです。

このような状況なので、タクシーもあきらめて再度バス停へ。確かにバス停は長蛇の列なのですが、台北市内までの直行バスはおそらく高速道路を通るため着席が必要で多くの客を乗せられないようで、よくよく待ってたらローカルバス(瑞芳駅経由の基隆行き)はガラガラですぐに乗れ、瑞芳駅までたどり着くことができました。帰りのバスはローカルバスのため、乗車時のみICカードをタッチする方式でした。

瑞芳駅から台北へ

瑞芳駅からは、21:34発の普通列車で台北駅へ。駅に着いてみると、電光掲示板にはこの列車は10分遅れと表示されていました。台湾は電車もバスも運行情報が明確に表示されているので安心できます。

列車を待ってる間は、反対方面の特急列車や、台北方面の途中駅八堵止まりのディーゼル列車などが発着していきました。乗った普通列車は、とても空いていて、九份のバスの長蛇の列が嘘のように快適でした。

まとめ

事前にネットなどで調べた情報では、

  • 台北から九份への直行バスは道路の渋滞で遅れる
  • 台鐵で瑞芳駅まで行きタクシーに乗るのが一番便利

とのことだったのですが、今回の状況も付け加えると、

  • 台北〜九份の直行バスは満員でなかなか乗れない可能性あり
  • 九份から瑞芳駅まではタクシーは乗車拒否される可能性あり

ということになります。

おまけ

九份の様子。

九份のゴミ収集車がメロディを鳴らしてやってきました。

台湾の九份のゴミ収集車のメロディ

台鐵の普通列車のドア横にはドアボタンがありますが、これは乗客用ではなく、車掌さんが鍵をさして列車全体のドアの開閉をするためのボタンでした。車掌さんは車内を回りながら、最寄りのドアから列車全体のドアの開閉をしていました。

台鐵の車掌用ドアボタン

前の記事:台湾の公共交通1〜台湾に到着〜
次の記事:台湾の公共交通3〜台湾の新幹線「高鐵」〜

台湾の公共交通1〜台湾に到着〜

ゴールデンウィークの5月2日から5月6日にかけて、台湾に家族旅行に行ってきました。そのときに見た台湾の公共交通(台湾の新幹線「高鐵」、台湾の在来線「台鐵」、地下鉄「捷運(MRT)」、バス「公共汽車」、ライトレール「輕軌」、交通系ICカード「悠遊卡」など)をテーマに複数回に分けて記事にしたいと思います。

出国

今回は、富山きときと空港(TOY)を12:40に出発する中華航空(チャイナエアライン)171便に搭乗し、時差-1時間の台北桃園空港(TPE)第2ターミナルに15:00に到着しました。地元の空港から直行便で3時間強なので、とても便利です。

富山きときと空港から中華航空の台北桃園行きに搭乗

交通系ICカード「悠遊卡」を購入

台北桃園空港に到着し入国後は、両替と、現地のSIMカードを買った他、台湾にいくつか種類のある交通系ICカードのうち、一番使える場所が多い「悠遊卡(ヨウヨウカー、Easy Card)」を忘れずに買います。空港から台北市内へ向かう鉄道「桃園MRT」の改札口横の機械で売ってます。カード代100元+初回チャージ額400元の合わせて500元で買うのですが、販売機はお釣りが出ません。両替で受け取ったお札は大半が1000元札なので、隣の両替機で事前に両替する必要があります。販売機の前にいた係の方が教えてくれました。(係の方には英語は通じませんでしたが、親切に教えてくれて、販売機は日本語などいくつもの言語に対応していました。)

台北桃園空港で買った悠遊卡のおもて面とうら面。桃園MRTの特別デザインのようでした。

台北桃園空港のアクセス鉄道「桃園MRT」

台湾の交通系ICカード「悠遊卡」を買ったら、桃園MRT(桃園捷運)の自動改札機にタッチして、台北方面の電車に乗ります。各駅停車(普通車、Commuter)と快速列車(直達車、Express)がそれぞれ15分ごとに走っているので、快速列車に乗り台北駅まで39分です。車内の博愛座と書かれた席は優先席ですが、台湾の方は優先席でなくてもすぐに高齢者や子どもづれの方に席を譲ってくれます。桃園MRTには荷物置き場もあるので、空港利用者に便利です。

また、ボックス席の窓側にスマホの無線充電機(最後の写真の白い機械)が置いてありました。スマホに接続して充電を試してみましたが、使い方が分からず。でも反対側の席の方はちゃんと使っていたようなので、コツがあるのかもしれません。

台北駅からタクシーに乗車

台北駅(台北車站)からホテルまでは雨が降っていてスーツケースもあったので、タクシー(計程車)で向かうことにしました。とてもきれいな桃園MRTの駅を出て、タクシーの案内を探すと、西停車場という名前の地下駐車場の脇にタクシーのりばがあるようなので、そちらから乗りました。最初乗り方が分からず戸惑っていたのですが、係の方がいて、番号1〜5の5カ所にタクシーが同時に停車して一気に5組の客がタクシーに乗車するシステムのようで、次々と到着する乗客を一気にタクシーに乗せて出発していっていました。大きなスーツケースをトランクに載せるなど乗車に時間がかかる方が多い中、このシステムは効率的です。

タクシーの運転手には、ホテル名を英語や中国語で伝えても通じず、スマホの画面を見せたけどすぐに理解してもらえず、少し苦労しました。後から分かったのですが、台北市内は街路に沿って住所がついていて、街路の片側の番地が奇数番地、もう片側が偶数番地になっているようで、タクシーの運転手に通りの名称と番地を伝えるとすぐに理解してもらえました。例えば、私の泊まったホテル「歐華酒店」は林森北路という通り沿いで、ホテルの住所が「台北市中山區林森北路646號」なので、「林森北路646號」と伝えると一瞬で理解してもらえてスムーズでした。林森北路という通りは南北に走っていて、この通りの東側に面している建物が奇数番地、西側に面している建物が偶数番地なので、偶数番地なら(台湾は車は右側通行なので)この通りを北側から回り込んで南向きに走ればホテルに横付けで停まれるということのようです。

このようにして、日本を出て台湾のホテルに到着しました。空港も駅もとてもきれいで、案内も充実していて、とてもスムーズに到着することができます。

次の記事:台湾の公共交通2〜電車とバスで九份へ〜

万葉線サイクルトラムに乗りました

今日から万葉線でサイクルトラムが始まりました。自転車をそのまま持ち込んで電車に乗れます。

事前に予約が必要なので、メールまたはFAXで申し込みます。今回は行きは高岡駅10:45発→庄川口着、帰りは越ノ潟13:52発→高岡駅着で申し込みました。

電車に乗るときは、最後尾のドア付近がロープで区切られてサイクルトラム専用エリアになります。同時に2人(2台)まで乗ることができ、座席は進行方向前向きの1人がけの補助席か、後ろ向きの2人がけの補助席を使用することができます。

[1]下車する庄川口に着いたら、最後尾右側のドアが開くので、最後尾の運賃箱に運賃を支払って右側のドアから降ります。(万葉線は自転車以外の場合は先頭左側のドアから降りるワンマン電車なので、ちょっと変わっています)

[2]電車を降りたらすぐにサイクリングを始められます。これはとても便利です。庄川口で降りたのは初めてですが、その名のとおり、庄川の堤防の真横で、堤防をのんびり走るとすぐに河口に着きます。爽快な風景ですね。

[3]新湊エリアで好きな観光地、内川を走ります。今まで何度か徒歩で内川を回ったことはありますが、そのときは川の駅近辺など、限られたエリアしか回りませんでした。でも今日は自転車なので、ちょっと足を伸ばして内川の端から端まで、源流(ただの暗渠?)を眺めたりしてみました。自転車だと行動範囲が広がって新しい楽しみが生まれます。内川沿いの番屋カフェでランチをいただきました。

[4]新湊に来たら外せない、海王丸パークへ。やっぱり記念写真は撮りますよね。

[5]新湊大橋の下の階、あいの風プロムナードを渡ります。エレベーターで上り、ここでは自転車から降りてのんびり自転車を押して歩きます。

[6]あいの風プロムナードを渡り、少し走ると県営渡船の堀岡発着場に着きます。ここからはしばしの船旅、自転車を船内に停めて客室でゆったりと過ごします。

[7]県営渡船を降りると、目の前で万葉線の接続電車が来ました。(越ノ潟電停は改修工事をしていて、仮ののりばになっていました。)また最後尾のサイクルトラム専用エリアに乗り込み、高岡駅まで最後尾の車窓を楽しみます。

今回サイクリングしたルートを地図にしてみました。(番号は記事中の番号に対応します)

自転車で乗り降りできる電停の地図も載せておきます。

富山地方鉄道の新駅「栄町駅」

2019年3月16日(土)に富山地方鉄道 不二越・上滝線に新駅「栄町(県立中央病院口)駅」(駅番号 T58)が開業します。稲荷町駅〜不二越駅の間にあり、周辺には地鉄バスの栄町バス停やまいどはやバスの栄町二丁目バス停があります。シェアサイクルのステーションは少し遠いです。周辺の交通を地図に表してみました。

栄町バス停から富山駅前方面のバスはウェブサイト上では[94]北代循環と案内がありますが、実際に栄町バス停で待ってたら[9]石坂循環と表示されたバスが来ました。北代と石坂を経由して循環するバスで、先に石坂を回るのでそう表示されているのだと思いますが、ウェブサイト上と違うので、地図には一応両方書いておきました。

駅はシンプルで、踏切のそばにスロープのアプローチが、ホームの反対側は階段があります。

すぐそばの栄町バス停です。バス停は中央病院方面にしかないので、富山駅前方面に行く場合は道路の反対側で待ちます。

あいの風とやま鉄道富山駅高架切り替え代行バス

2019年3月3日(日)深夜のあいの風とやま鉄道 富山駅 下り線の高架切り替え工事に伴う代行バスに乗りました。

今日の日中は高岡におり、帰りが深夜になりました。高岡駅には22:30ごろについたので、通常なら22:40発の泊行きに乗り富山駅まで帰れるところですが、今日の深夜は富山駅の下り線の高架切り替え工事があり、この列車は小杉止まりになり小杉から代行バスとなります。

高岡駅の案内表示は小杉行きとなっていました。

列車の行き先表示は「小杉」のデータが用意されていないようで、何も表示されていませんでした。

小杉駅には2番のりばに着き、北口改札を抜けてロータリーから代行バスに乗りました。地鉄バスの車両でした。

車内は20人弱の乗車で、途中呉羽駅のロータリーで数名降り、富山駅には23:30ごろ到着。富山駅では加越能バスの車両で金沢行きが発車するところでした。

あいの風とやま鉄道 富山駅 の融雪装置

あいの風とやま鉄道 富山駅 下り線の高架化工事中の部分の融雪装置がもう稼働していました。

あいの風とやま鉄道 富山駅 下り線高架化工事中の箇所の融雪装置

北陸では、降雪時に鉄道のポイント部分の雪を融雪装置で融かして、ポイントが切り替わらなくならないようにします。

石動駅の新しい橋上駅舎

2018年11月27日に使用開始した、あいの風とやま鉄道 石動(いするぎ)駅 の新しい橋上駅舎を使用開始当日に見てきた様子です。

北口は、今までの旧駅舎には入れなくなり、新しい橋上駅舎が完成していました。

2階の改札口の様子です。

新たに駅の南側からも出入りできるようになり、小矢部市営バスの津沢線・正得線・蟹谷線の一部の便(朝夕の便)が駅南口に乗り入れるようになりました。タクシーも乗り入れています。

加越能バスの加越線庄川町方面は駅南口には乗り入れず駅北口発着のままで、既存の石動駅南バス停は既存の通り沿いにあり、駅南口から徒歩4分ほどかかります。

カフェやベンチなども充実しています。

駅南口には駅が見える展望台もあります。

あいの風とやま鉄道 富山駅 下り線高架化工事

富山駅のあいの風とやま鉄道の上り線とJR高山線はすでに高架化されていますが、続いてあいの風とやま鉄道の下り線の高架化工事が2019年3月の完成に向けて進められています。本日1月9日の時点で下の写真のように、最後の仕上げの段階のようです。

あいの風とやま鉄道 富山駅 下り線(4〜5番のりば)の高架化工事の状況
あいの風とやま鉄道 富山駅 下り線(4〜5番のりば)の東富山側の高架化工事の状況

あいの風とやま鉄道による富山駅高架化完成見学会も募集されています。完成が今から楽しみですね。